chieco(チエコ)  >  その他  >  その他  >  睡眠のメカニズム…健康のために!

more

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  •  

睡眠のメカニズム…健康のために!

  • レス数:6件
  • クリップ数:5件

この投稿をクリップ

こんばんは。

いきなりですが、何時に寝て何時に起きるのが健康&美容にいいのでしょうか?

“良質な睡眠”は、色々な面でプラスのことばかりなのではないかと最近思っています。

小さいころから10時〜2時の間に熟睡してるといい、とは聞いてきました。(詳しくないので曖昧です、理由もわからないです(x_x;))

ですが、今の私は深夜(12〜3時)に布団に入ることが多く、自分で自分にうんざりしています。

日中ぼーっとしたり、やる気が出なかったり…私のために日々働いてくれている体に申し訳ないです。

最近食生活を変えたので、健康に楽しく生活するために睡眠も改善したいです。

簡単に体内時計をかえられるとは思っていませんが、体を本来の状態に戻してあげたいです。

スケジュールなどを考えて理想通りに寝れるよう努力します、健康&美容にとって理想的な睡眠時間(寝る時間&起きる時間、わかる方はメカニズム・良質な睡眠をとるコツなども)を教えていただけないでしょうか。

宜しくお願い致します!!

この投稿にレスする

この投稿へのレス一覧

6件中 1〜6件表示

回答者より ありがとうございます!

まとめてのレス失礼致します!

詳しく、なおかつ分かりやすいアドバイスとても参考になりました(^^)/

睡眠・脳について知識を沢山得ることができてすごく嬉しいです!

皆様にいただいたアドバイスをもとに、自分にベストな睡眠を見つけたいと思います。


本当にありがとうございました♪

また機会がありましたら宜しくお願い致します♭

横レス失礼します

横レス失礼します。

宮岡圭さん、

レム睡眠とは体が休んでいて脳が起きている状態で浅い眠り、ノンレム睡眠が脳も休んでいて、深い眠りのことを言います。

気を悪くされたらすみません。

では失礼しました。

このレスのThanksポイント:3Pt

参考になりました Thanks! 参考になりました Thanks!

この投稿を通報する

睡眠時間

睡眠は長くても短くても良くないと思っていませんか?
人よりも長時間睡眠取る有名な学者もいますし短時間睡眠で有名な学者もいますよね
質の良い睡眠に時間はあまり関係がないことは有名だと思っていたのですが

肌質と同じで 適した睡眠時間というのは人それぞれ違います

そもそも昔の人間は危険から身を守るため頻繁に睡眠と起床を繰り返していたそうですよ
8時間連続で寝ていたら外敵に襲われてしまいますからね
基本的に睡眠時間を分割するのが人間に向いた睡眠と言われています
現代において「理想は8時間睡眠」というのは本来有り得ないんです

ただ今でこそ人間の生活環境が変わり連続睡眠が定着しましたが 今度は外敵というよりも現代独特の睡眠中の音やわずかな光が原因で 無意識のうちに脳は完全なリラックス状態になりにくくなっているかも
時間を確保してても質が良いとは言えません
極力 音と光と遮断すると良いんですよ
体もそうですが 何より脳が効率良く休むことが出来ます

今は仕事でどうしても寝る時間が遅くなる方も増えていますよね
美肌のために早く寝られればいいけど寝れない環境だと感じるストレスは けっこう肌に影響しますよ
このストレスも良質の睡眠の敵になります

成長ホルモンが関係するゴールデンタイムですが10〜2時頃は平均でしかありません
ゴールデンタイムは寝始めて個別にやってきますから 全員必ず10〜2時にやってくるわけじゃないです
起きたとき朝に日を浴びる前提でのゴールデンタイムが来る時間帯と言えます

自分に適した睡眠があるといいましたが やはり仕事の都合などの理由がない限りは寝始め時間が遅すぎないようにすれば10〜2時のゴールデンタイムは比較的目安になりますし気分的にも良いですよね
方法としては起床時間を一定にして 昼間眠くならないかどうかを目安に自分の眠り始めの時間を調節しながら調べれば 適した睡眠時間が分かると思いますよ

ちなみに7時間前後が平均寿命が高くなる睡眠時間だそうです
参考程度に見ていただけると嬉しいです

タグ:
ゴールデンタイム,睡眠

このレスのThanksポイント:4Pt

参考になりました Thanks! 参考になりました Thanks!

この投稿を通報する

良質な睡眠は成長ホルモンが関係してる

〈健康&美容に良い睡眠のメカニズム〉
健康や睡眠に良い睡眠時間は7時間程で10時〜2時の間は眠っていることです。それ以内の短時間睡眠は血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きが悪くなったり、脳に食欲を抑制するサインをおくるレプチンという物質の分泌を低下させ、逆に食欲を増進させるグレリンという物質を増加させ肥満しやすくなります。

美容的には美しい肌をキープする為に意識することはターンオーバーです。肌は常に生まれ変わりを続けています。皮膚の奥底で生まれた細胞は少しずつ表面へと移動し、最後に肌表面の角質となって、時が来ると剥がれ落ちていきます。これがよく耳にするターンオーバーです。

健康な肌のターンオーバーは4 週間周期で行われています(不思議なことに月経と同じ周期です)。肌の奥底で生まれた細胞は4週後に剥がれ落ちていく。毎日細胞が生まれ、また毎日剥がれ落ちているのです。この「毎日の生まれ変わり」によって肌は若々しさを保っています。

しかし、ターンオーバーが遅れがちになると、様々な肌老化や肌トラブル引き起こします。具体的には、しわ・しみ・くすみ・くま・たるみ・乾燥など言い出したらキリないほどです。

肌の若々しさを保つターンオーバー、すなわち肌が生まれ変わることが出来る時間というのは限られていて、夜寝ている時だけなのです。

細胞の分裂を促し、肌を再生する成長ホルモンは日中の活動中には分泌されず、夜、体を休めリラックスした状態で分泌されるためです。

特に夜 10 時〜 2 時までの 4 時間はお肌のゴールデンタイムと言われ、肌の生まれ変わりが最も活発になる時間です。そのため、この時間に寝ないで起きているということは肌の再生を自分で邪魔していることになってしまいます。

10時から2時の間に睡眠をとることがイチバンのスキンケアといえるでしょう^-^

美容の為の睡眠法
人間は、眠りについてはじめの 3 時間に最も深く眠っているといわれています。その深い睡眠中に成長ホルモンが分泌され肌の再生が起こることから、「はじめの 3 時間」がお肌にとってとても大切な時間といえます。もちろん連続での睡眠時間の話で、細切れになった睡眠ではお肌も脳も休まりません。

またホルモン分泌には体内時計も関与しますから、寝る時間が不規則だったり眠りが浅かったりすると、睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンが十分に分泌されず、肌の生まれ変わりがうまく行われなくなってしまいます。そのため、毎日決まった時間に眠りにつくことも大切といえます。

少しでも質の良い睡眠をとる為に寝る 1 時間くらい前から部屋を暗くすると良いでしょう。メラトニンというホルモンが分泌され睡眠が深くなる為です。そして眠たくなるのは、朝起きてからだいたい16時間後です。就寝時間から計算し、まず朝起きる時間を設定すると眠りやすくなるのではないでしょうか?参考になれば良いです♪

  • この投稿に関するアイテム: その他
タグ:
健康
睡眠

このレスのThanksポイント:2Pt

参考になりました Thanks! 参考になりました Thanks!

この投稿を通報する

ほんとは

体内時計ってほんとはどんどんずれていくって聞きました。そこで朝に太陽を浴びるとリセットできるようです。
朝は眠くて当然だと思うと楽です。

12時から2時くらいまではゴールデンタイムとかで、肌や細胞の生まれ変わりの時間なので眠っていたほうがいいみたいです。
ただ、良い睡眠!と張り切ったり焦り過ぎますとそれはそれでプレッシャーです。
夕食は早めで軽く、お風呂はぬるめにゆっくり。
夜にホットミルクもいいですって。
神経が落ち着き、よく眠れるそうです。
快適な空間。
お好みの寝具など、御自身が気分よくなれるのが大事ではないでしょうか。

このレスのThanksポイント:2Pt

参考になりました Thanks! 参考になりました Thanks!

この投稿を通報する

Re:

脳の勉強をした際に習ったことを基に話します。

「レム睡眠・ノンレム睡眠」を理解することが重要かと思います。
レムとは、脳が完全に休んでいる状態。
ノンレムとは、脳が半分休んでいる状態。
これを眠っている時、人は平均して90分周期で行っています。

レム睡眠を行っている時に起きるのはかなり苦労しますが、ノンレム睡眠の時に起きると脳がすっきり目覚めます。
なので、まずは目覚まし時計などを使わずに自分が平均してどのくらいの時間で起床できるのか計算してみてください。
私は、大体7時間で自然と目が覚めるので、眠る時間は起きたい時間に合わせて眠るようにします(時間より遅かった場合、目覚ましを念入りにかけておく)。

いきなり規則正しい性活に戻すと体に負担がかかりますので、まずは早起きからではなく、早寝から始めてみることです。
早め(22時)くらいにはベッドに入り、ゴロゴロしてみてください。
それを繰り返すことによって、22時頃には眠くなる習慣がつきます。
そこから、自分の起きたい時間を目覚まし時計を使って調整するといいと思います。

私は20時〜21時には眠気がくる体になってしまったので友人と遅くまで遊ぶときは大変です(笑)
就寝時間は大体23時〜0時で、起床時間は6〜7時です。
家族のお弁当を作る時は5時に起床なので、就寝時間もそれに合わせます。

経験上、6時に起きるのが人間にとっては一番ではないかと思いました。
5時は早すぎて日が出ている時もありますが、冬などは夜同然なので体がだるかったです。
6時は外も明るくなって「朝!」という感じがしてすっきり目が覚めますし、その後の活動も活発になりました。
是非参考にしてみてください。

タグ:
睡眠時間
起床
レム睡眠
ノンレム睡眠

このレスのThanksポイント:2Pt

参考になりました Thanks! 参考になりました Thanks!

この投稿を通報する

6件中 1〜6件表示